私が買って微妙だったオーディオ機器

今回は私が買って微妙だったオーディオ機器の話になります。
まあ失敗ではないが、良くはなかったと思った機器になります。

それは「クラウンD-45」という、業務用のパワーアンプです。
某業者に騙されて買ってしまいましたが、数か月でお役御免となりました。

この「クラウンD-45」は業務用としては良いアンプだと思います。
しかし、家庭用としてはあまり良いアンプではありません。

そもそもPA用のスピーカーを会場や野外で鳴らすためのアンプです。
家庭用で使うように設計されていないので、良い音で鳴るわけがないのです。

パワーはありますが、無味無臭のパサパサした無機質な音で、オーディオ用途では無理です。
また大音量で鳴らすためのアンプですので、小音量ではさらにきついです。

プリアンプやイコライザーを加えれば、それなりに良い音でなるかもしれません。
しかしクラウンでも最低ランクのアンプですから、直ぐに限界は来ると思います。

今回微妙だった機器に入れていますが、実質失敗でしたね。
数か月後、友人に格安で売ってしまいました。

やはり家庭で使うには、家庭用のアンプが良いと思います。
みなさんも気を付けましょう。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP